剣道具

ミシン刺しと手刺し

剣道の防具は、大きく分けてミシン刺しで作られたものと手刺しで作られたものがあります。ミシン刺しは値段が安いというメリットが有ります、手刺しは手で一針一針縫われているため体に馴染みやすいですが、値段は高めです。

この記事の続きを読む

頭を守る面

頭を守る重要な防具が面です。目線の邪魔にならないものを選びましょう。また、動きづらくなってしまうものを選ぶと、剣道そのものの上達が遅くなってしまいます。動きやすさも重視して選ぶことが大切です。

この記事の続きを読む

腹部を守る胴

お腹を守る防具が胴です。防御力に長けているのが竹胴です。値段は高めになっています。値段は手軽で、防御力が低いのが樹脂胴です。剣道を始めたばかりの子どもに竹胴を買うと成長に合わせて買い換えるたびに出費が多く負担になります。

この記事の続きを読む

手を守る小手

竹刀を握る手を守るのが防具が甲手です。小手を選ぶにあたってサイズ選びは重要です。剣道で重要な打突のキレに関わるため、ジャストサイズのものを選びましょう。消耗品なので、予備としてもう一セット買っておくのもよいでしょう。

この記事の続きを読む

体と心を鍛える

現代社会は、過酷な労働やストレスと戦っていかなければなりません。このような肉体的負担や精神的負担と戦うためには、たくましい肉体と強靭な精神力が必要です。精神と肉体を鍛錬する事ができるのが武道です。
武道は身体を鍛錬する稽古を行います。過酷な稽古の中で自分自身の弱さと向き合いながら肉体と精神を鍛えていきます。
武道の中でも、日本で古来から受け継がれているのが、竹刀を持ち防具を身に付けて行う剣道です。剣道には礼に始まり礼に終わるという言葉があり、礼儀を学ぶ事が出来ます。防具を身に付けて行う稽古は過酷で、より肉体と精神を鍛える事ができます。
このようなことから、子どもに剣道を習わせるという親も多くいます。強い肉体と精神を備え、礼儀正しい大人になります。
また、他の武道とは違い防具をつけているため安全性が高いという点も大きなメリットです。

また、剣道を学ぶことによって、姿勢が良くなるというメリットも有ります。剣道に必要な所作は背筋が伸びています。このような所作を日常的に行っていることによって習慣づけられ、姿勢が良くなります。
姿勢が悪いと骨盤の歪みなどが生じてしまいます。肩こりや頭痛、腰痛なども身体の歪みが原因である場合がほとんどです。
剣道を幼い頃から習い正しい姿勢を身につけることで、一生にわたってメリットの有る姿勢の良さを身につける事ができます。

剣道を始めるにあたって、防具や竹刀などの道具を用意しなければなりません。剣道の防具には様々なものがあります。
防具の中でも最も重要と言っても過言ではないのが、面です。頭やのどを守ります。その日の防具として、胴、甲手などがあります。
防具の他にも、袴や防具いれといったものを用意しなければなりません。